弁護士や税理士を味方にする┃不当解雇は泣き寝入りしない

裁判

税務業務のことなら

個人向けのサポートサービスの充実が予想されています

女性

大阪は大都市ですから、様々な種類の士業の事務所が集中しています。税務業務のエキスパートである税理士事務所も、大阪には数え切れないほどあります。大阪には大企業の本支店が集中していますので、地方に比べると法人税務業務に対する需要がかなり高くなっています。しかし、いくら需要が多いとはいえ、大阪の税理士事務所の数が増えすぎて、現在は供給過剰気味の状態になっています。それに加えて、ここ数年は税務業務を税理士事務所に外注しない企業が多くなったため、法人税務一辺倒で業務を行っていたのでは、事務所の経営を維持し続けることが難しくなる税理士事務所が登場してくるようになりました。その結果、今まではサービスが手薄になっていた個人向けの税務サポートサービスを積極的に取り扱う税理士事務所が増えてきました。この傾向は、今後しばらく続くだろうと考えられています。

サービスを利用する際の注意点について

たとえば、相続税の節税相談を税理士にしようと考えているのであれば、相続税対策に詳しい税理士を利用する必要があります。資格を持っている以上、税法に関する豊富な専門知識を持っているのは確かですが、人によって得意分野と不得意分野があるのは当然のことです。また、普段法人税務業務ばかりを取り扱っている税理士の場合、相続税関連の最新情報を把握しきれていない可能性が考えられます。税法は頻繁に改正されるのですが、ここ数年は相続税分野の改正頻度が高くなっています。有利な優遇措置がたくさん用意されていますが、その情報を正確に把握していないことには活用することができません。ですので、個人向けの相続サポートメニューを用意している税理士を選んで利用することをおすすめします。