弁護士や税理士を味方にする┃不当解雇は泣き寝入りしない

裁判

事故で弁護士を雇う

事故にあったらすぐに訴訟か

女性

近年交通事故は減少しているけれども、交通事故訴訟は増加しているのです。そのため交通事故に遭遇したら弁護士が必要となることが増えているのです。しかし、弁護士というのは高額の費用が掛かるというのが一般的なイメージです。車の修理費なども必要になるのですから、負担は決して軽くはないのです。 そこで確認してほしいのが自動車保険です。 最近の自動車保険は弁護士費用特約を追加できるものが多くなっているのです。 弁護士費用特約とは、もし加入者が事故に遭遇したときに裁判や示談交渉などで弁護士を雇うと、保険から費用を補償してもらえるという仕組みです。この特約をつければ、毎月の保険料負担は増えるのですが、万が一のときに助けを借りやすくなるのです。 それに、交通事故で相手に全面的な過失があると、自分の自動車保険は使えないのです。すると保険会社の担当者は示談交渉に協力してくれないのです。でも特約は弁護士を雇うときに費用を補償するというものですから、問題なく示談交渉で弁護士に依頼することが出来るのです。 今後も訴訟リスクが変わらず増える可能性があるので、弁護士そして自動車保険特約の需要は高まると予測されるのです。

交通事故で弁護士を雇うときの報酬

交通事故の後始末をするために、弁護士を雇うとき注意をするべき点があるのです。 それは報酬の対象となるものです。 示談や裁判で相手に和解金や慰謝料を受け取った時に、弁護士に『増額分』から報酬を支払う場合と『獲得分』から報酬を支払う場合が有るのです。 『増額分』というのは、示談などで相手から提示された金額と実際に手に入れた金額の差です。例えば『増額分』の1割としていたら、100万が提示されても200万円を獲得した場合100万円の1割に当たる10万円が報酬です。では『獲得分』はどうかというと同様に100万円提示されて200万円獲得して、200万円の1割に当たる20万円が報酬となるのです。単純に見れば『増額分』から支払う方が安く済むのです。 ただし、『獲得分』から報酬を支払う事務所の方が報酬率が低いこともあるのですから『増額分』だと良くて『獲得分』は悪いと断じることは出来ないのです。ですから、依頼する前にはしっかりと報酬の対象と報酬率を良く調べることが最善です。