弁護士や税理士を味方にする┃不当解雇は泣き寝入りしない

裁判

法の多くの権限を持つ

弁護士以外は代理人になれない

裁判

交通事故を起こしてしまった場合や交通事故にあってしまった場合、賠償問題が発生します。その場合大抵は、加入している保険会社の保険によって賠償を済ませますが、場合によっては相手と交渉をしなければならないこともあります。それは、相手が無保険であったり、保険会社が保険料を払うことを拒絶した場合などです。交渉には個人では太刀打ちできないので、その場合に仲介者を依頼することになります。示談交渉においては、弁護士しか代理人になることができません。示談屋等に依頼することは違法です。なぜ禁止されているかと言えば、事件を食い物にする人達を排除するためです。見方によっては弁護士も、事件を食い物にしていると表現できますが、一定の資格を持ち、高い職業倫理が求められているため、社会秩序を乱すおそれはありません。そのため、弁護士にはそれが認められています。

交通事故専門の人に依頼しましょう

弁護士と一括りに言っても、扱っている法分野は様々です。もちろん弁護士資格を持っていればどの分野でも扱うことができます。しかし、扱う範囲が広い故、町弁と言われる人たちを覗けば大抵は、特定の分野を専門にしています。そのため、交通事故についての相談をするなら、民事の不法行為を専門としている人に相談するのが良いでしょう。その中でも特に交通事故を専門としている弁護士もいますが、あまりにニッチ過ぎて、探すことは難しいかもしれません。ただし、交通事故は民事の不法行為の一種ですので、不法行為専門の弁護士が十分に対応することが可能です。具体的な紛争が異なっても、民法709条が共通の条文であり、紛争解決にあたっての対応も共通のためです。