弁護士や税理士を味方にする┃不当解雇は泣き寝入りしない

裁判

税務業務のことなら

女性

大阪には税理士事務所がたくさんありますが、最近は個人向けのサポートサービスを提供する事務所の数が増えてきました。ただし、自分がサポートを望んでいる分野に詳しい税理士を利用することが大切です。

詳細を読む

法の多くの権限を持つ

裁判

弁護士は法律に関して多くの権限を有しています。そのため、法律の専門家の中でも非常に心強い味方となってくれるでしょう。各々専門分野があるため、交通事故などで依頼する場合にはそういった案件に詳しい弁護士に依頼しましょう。

詳細を読む

事故で弁護士を雇う

女性

事故などに巻き込まれてしまった場合、弁護士を雇って訴訟を行なう前に保険を調べましょう。弁護士費用特約がある場合、費用を保険が負担してくれます。また、示談交渉でも有意義な働きをしてくれます。

詳細を読む

有利にサヨナラを果たす

協議離婚や調停離婚では特に必要はありません

裁判

離婚を考えているから、弁護士事務所で離婚相談をしたいという人も多いでしょう。しかし、最初はまず夫婦2人で話し合うことが大事です。話し合いで離婚をすることを協議離婚といい、我が国で最も多い離婚方法です。この場合には、特に弁護士に離婚相談をする必要はありません。しかし、話し合いをしたいけど相手が応じないとか、既に別居をしていて話し合いがしにくい場合などには、弁護士に介入してもらうという方法もあります。 また、協議離婚が成立しなかった場合は、調停離婚を行いますが、これも調停委員会が間に入ってくれますので、特に離婚相談をして弁護士に頼むことはありません。ただし、弁護士に依頼することにより、書類作成を代行してもらえたり、調停で有利になるようなアドバイスをもらえることはあります。調停で合意に達しない場合は訴訟となり、この時点で弁護士が不可欠になります。

離婚相談をする場合に知っておきたいこと

では、弁護士に離婚相談をする場合には、どのような方法を取ればいいのでしょうか。まず、知人に弁護士がいる場合は、その人の事務所で離婚相談をするのがベストです。もし知っている弁護士がいない場合には、弁護士会や法テラスで紹介してもらうのがいいでしょう。こういう場所では、その人に合った弁護士を紹介してもらえることもあります。 また、調停離婚で弁護士をつける場合には、調停の費用とは別に、上限50万円ほどが必要になります。訴訟の場合は60万円程度が相場ですが、裁判が長引くとその分多くの費用がかかることもあります。また、協議離婚で合意に達しなかった場合は、まず調停離婚を行います。この調停離婚がうまく行かなかった場合にのみ、訴訟に持ち込むことが可能になります。また、その他にも不当解雇や相続税対策の相談なども合わせて行うことができるようになっています。